ピンポイント絵本コンペとは?

2000年より絵本作家育成を目的としてはじまったギャラリー主催の絵本公募展。

オリジナル、未発表の絵本作品を募集します。プロ、アマ問わず。審査員は、現役で活躍中の編集者、絵本作家らにギャラリーオーナーを加えての4人。
副賞は、展覧会。最優秀賞1名は個展、優秀賞2名は二人展、入選3名は三人展をピンポイントギャラリーで開催します。展覧会期間中、またその後も作家活動を応援します。
これまでに、刊行された受賞作は14作。受賞をきっかけにプロとしてデビューした若手作家らを多数輩出しました。このコンペは、賞を与えるだけではなく、その後の活動を長く見守りたいと考えています。

第17回ピンポイント絵本コンペ(2016年)審査結果
2017年第18回の応募概要はこちらから


18コンペイラスト.jpg

加藤休ミ「ハスのマイク」


過去の審査員    第1回〜第5回  小野明、澤田精一、松田素子、西須由紀
          第6回〜第10回  小野明、澤田精一、広松由希子、西須由紀
          第11回    小野明、広松由希子、木村真、西須由紀
          第12回    広松由希子、木村真、内田麟太郎、西須由紀
          第13回    木村真、内田麟太郎、松岡希代子、西須由紀
          第14回    内田麟太郎、松岡希代子、下園昌彦、西須由紀
          第15回    松岡希代子、下園昌彦、中川ひろたか、西須由紀
          第16回    中川ひろたか、若月眞知子、木村真。西須由紀
          第17回    中川ひろたか、若月眞知子、堀内日出登巳。西須由紀

What's New

応募資格についてQ&Aを追加しました。こちら

第18回ピンポイント絵本コンペ(2017年)の応募概要が発表になりました。皆さま奮ってご応募ください。

第18回ピンポイント絵本コンペは、絵本作家いとうひろしさんをお迎えして、
若月眞知子さん、堀内日出登巳さん、西須由紀の4名の審査員が
担当いたします。
第18回審査員、いとうひろしさんプロフィールはこちら。

絵本作家。1957年 東京で生まれる。もの心つく前から、祖母に絵本を読んでもらっていたらしいのだけど、よくおぼえていない。大きくなって、保育士の姉ふたりの影響で、こどもの文化に興味を持つ。大学時代、子どもの本のサークルに参加。そこで作った絵本を、他のメンバーにほめてもらったことがきっかけとなり、今に至る。おもな作品に、『ルラルさんのにわ』『おさるのまいにち』『だいじょうぶだいじょうぶ』『ごきげんなすてご』などがある。